不妊治療

奥田産婦人科は平成12年の開院以来、多くの20代から40代の方々に不妊治療を提供し、多数の妊娠実績がありました。患者様が仕事と治療を両立しやすいよう、夜20時まで診察を行っていました。

目次

不妊症とは

妊娠を望みながら1年以上成就しない状態を指します。通常、結婚後半年で約70%、1年で約90%の夫婦が妊娠します。しかし、晩婚化により妊娠を考える年齢が上がり、不妊症の割合も増加しています。現在、10組に1組が不妊症とされ、早期の検査と治療が推奨されています。

初めての方へ

初診では、子どもを希望してからの期間や過去の治療経緯を伺っていました。エコーで現在の状態を確認し、今後の治療計画について説明します。

治療の流れ

基礎体温の記録: 日々の体温を記録していただきます。
タイミング法: 採血によるホルモン検査と排卵時期に合わせた性交指導を行います。
人工授精: タイミング法で妊娠に至らない場合、人工授精を実施します。
体外受精・顕微授精: 妊娠に至らない場合、体外受精や顕微授精へとステップアップします。

治療に用いる注射薬

hMG: 卵巣を刺激し、質の良い卵子を育てます。
HCG: 排卵のタイミングを整え、黄体を形成します。
プロゲステロン: 子宮内環境を整え、着床を促進します。

一般不妊検査

精液検査: 精液量、精子数、運動性を調査します。
卵管造影検査: 子宮と卵管の通過性を確認します。
ホルモン検査: LH, FSH, プロラクチンなどのホルモンバランスを測定します。

精液検査

精液量、精子数、精子の運動性を測定し、男性因子による不妊の可能性を調査します。早期の段階で精子の状態を確認することが重要です。検査は予約制で、午前中の診察時間に行っていました。

卵管造影検査

子宮内部と卵管の通過性を評価するために油性造影剤を使用します。この検査により、卵管の障害が発見されることもありますが、卵管が拡張されると一時的に妊娠しやすくなることがあります。検査は毎週木曜日と金曜日の午前中に実施していました。

ホルモン検査

治療に必要なホルモンレベル(LH, FSH, プロラクチン)を生理5日目から7日目に測定します。エストラジオールとプロゲステロンは排卵前後に測定し、卵子の質と着床環境を評価します。

AMH検査

抗ミュラー管ホルモン(AMH)を含む検査で、卵巣の予備能力を評価します。この検査にはクラミジア感染症、風疹抗体、甲状腺機能、血糖、貧血の検査も含まれています。

タイミング法・人工授精

タイミング法: 妊娠を希望してからの期間が短い方や初期の不妊検査で異常が見られない方に、排卵時期に合わせた性交指導を行います。

人工授精: タイミング法で結果が出ない方や治療開始から1年が経過する方に推奨されます。卵胞の発育をエコーで確認後、排卵を促す注射を行い、翌朝に人工授精を実施します。

体外受精・顕微授精 (IVF・ICSI)

これは、卵管性不妊や男性因子による不妊が原因の方に適用される治療で、採卵後に体外で受精させ、胚を子宮に戻す方法です。採卵、受精、培養を経て、良質な胚を選択し移植します。移植周期は生理の10日目ごろから開始し、適切なタイミングで胚を移植します。

費用

保険適用により、人工授精は5,460円から、体外受精は6.2万円から、顕微授精は6.4万円から開始します。胚移植は3.6万円からで、アシステッドハッチングの追加費用が発生します。

当院の不妊治療は、最新の医療技術と熱心なケアにより、多くのカップルが親になる夢を実現しています。

保険適用と費用に関する重要なお知らせ

治療費は保険点数に基づいており、保険制度の改定により変動する可能性があります。
体外受精および顕微授精の費用は、採卵から凍結までの一連の処理を含み、採卵された卵子の数によって費用が異なります。

体外受精の場合、保険適用の回数制限が設けられています。40歳未満は6回まで、40歳以上43歳未満は3回までとなっており、制限回数を超えると自費治療となります。自費での治療費についても、詳しくは医師や受付にお尋ねください。

これらの点をご留意の上、治療をご検討いただければと思います。当院では、患者様の状況に合わせて最適な治療計画をご提案いたします。

成績報告

人工授精の成績

当院で行う人工授精の妊娠率については、以下の通りです。

40歳未満の患者様: 約15%の妊娠率。
40歳以上の患者様: 約6%の妊娠率。

多くの場合、妊娠に至るのは初回または二回目の人工授精での試みであります。そのため、通常、人工授精は最大3回までを推奨し、その後は体外受精へのステップアップを検討します。

体外受精の成績

40歳未満: 初回の採卵で約60%の妊娠率。
40歳以上: 約30%の妊娠率。

年齢が上がるにつれて、採卵から得られる卵子の数や質が減少し、それに伴い妊娠に至るまでの採卵回数が増加する傾向にあります。移植ごとの妊娠率は30~40%の間で変動し、年齢が上がると低下する傾向にあります。

妊娠率の定義

妊娠率: 妊娠検査薬が陽性になった割合。
臨床妊娠率: 超音波検査で胎嚢が確認できた割合。
妊娠継続率: 出産に至った割合。

これらのデータは、当院が提供する不妊治療の効果を示す指標として、患者様に透明性を持たせることを目指しています。具体的な治療計画については、医師との相談のもとで個別に決定されます。

目次